Get Adobe Flash player



    ヨガをすることで得られる体への効果や特有のリラックス効果について

    ヨガ説明ページイメージ画像体への負荷が強すぎないヨガは幅広い層の人々に受け入れられています。
    ヨガのポーズをとることがメインのエクササイズとして定着していますが、もともとは瞑想や呼吸ポーズなど複数のテクニックを使ったインドの伝統医学体系を総称したものが「ヨガ」と呼ばれていました。
    つまりヨガの目的は、単に体を動かすことではなく心をコントロールして健康な体に近づくことであり、瞑想によって得られる高い集中力で自分の内側をコントロールし、心と体を調和させていきます。
    心の静寂と充実感を得ようとするのがヨガのアプローチでもあります。呼吸をしながらポーズを繰り返すことで、骨格や筋肉の動き、体の内部への意識が高まります。

    わたしたちは長年のストレスや悪い生活習慣や食生活などの積み重ねにより体調を崩すこともあります。そして、体の緊張や不調を放置してしまいがちです。体の不調が心にそのまま現れてしまう場合もあれば、心の不調がきっかけで体調を崩すこともあります。

    本来人間の健康は、心と体がお互いにうまく結合し、いい影響を与え合うことで保たれているのです。ヨガのポーズと呼吸法を繰り返し行うことで得られるのは「心と体の調和」です。